スポンサーサイト
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
K-1 PREMIUM 2005「Dynamite!!」試合結果予想
2005/12/30 13:18
ザ・プレデター選手もレミー・ボンヤスキー選手と対戦が決まり全カード決定しました。
と、言う事でもう明日となりましたがPRIDE男祭りと同様に試合結果を妄想してみます^^;

■○魔裟斗 VS 大東 旭●
【魔裟斗:KO勝ち】
執拗なロー攻撃により魔裟斗KO。
大東旭は何も出来ず^^;

■○ピーター・アーツ VS 大山 峻護●
【アーツ:KO勝ち】
ミルコが示した立ち技系格闘技の勝ち方をそのまま実践。
フィニッシュも左ハイキックw

■●中尾 芳広 VS ヒース・ヒーリング○
【ヒース:KO勝ち】
意外や意外、百戦錬磨のヒース対しグランドコントロールは中尾も負けず・・・
しかし打撃に決定的な差が出てパウンドによるKO。

■○ホイス・グレイシー VS 所 英男●
【ホイス:KO勝ち】
ホイスに所がついて行く形で寝技の攻防が続く。
会場は大盛り上がりだがホイスジワリジワリと追い詰めていく^^
不用意にかかった技が道衣により外せずホイスの一本勝ち。
フィニッシュホールドは三角絞。

■●永田 克彦 VS レミギウス・モリカビュチス○
【レミギウス:KO勝ち】
永田のデビュー戦にしては余りにも強敵^^
打撃攻略できずレミギウスのKO。

■○ジェロム・レ・バンナ VS アラン・カラエフ●
【バンナ:KO勝ち】
圧巻のラッシュによりカラエフ何も出来ず^^;;
右フックによる壮絶なKO。左は怪我再発防止の為に温存。

■○武蔵 VS ボブ・サップ●
【武蔵:判定勝ち】
圧倒的な防御力・回避力により終始サップの攻撃は当たらず・・・
武蔵一方的な攻撃により武蔵判定勝ち。
サップ珍しくフルラウンドもったので絶賛されるm(_ _)m・・・

■●セーム・シュルト VS アーネスト・ホースト○
【ホースト:判定勝ち】
一撃離脱の精密ローにより崩されていく、終始ペースを崩さないホーストの判定勝ち。

■●曙 VS ボビー・オロゴン○
【ボビー:KO勝ち】
試合開始早々曙の勢いある突進。
おぉやはり素人相手には・・・と一瞬思わせたが、倒れたら起きれない曙の上に乗ったボビーのパウンドによるKO。

■○須藤 元気 VS 山本“KID”徳郁●
【須藤:KO勝ち】
勢いのある打撃により須藤を追い詰めるがギリギリですかされる。
1RはKIDが取ったが、それも須藤の作戦の内。
2R早々KIDはマウント取るが、勝てると大振りになったパウンドを上手く捌いて腕挫十字固による須藤の勝利。

■○レミー・ボンヤスキー VS ザ・プレデター●
【レミー:KO勝ち】
まるで茶番とレミー飛び膝を連発。
その姿がルチャの選手と対戦してる錯角し技を受けてしまう^^;
3発受けた時点で大の字ダウン!壮絶KO!ある意味プレデターの勝ちm(_ _)m・・・

妄想はこんな感じです^^意外とKO勝ち多く予想してしまいました。
今考えると実力差があるチャレンジマッチとお祭りマッチが男祭りより多い気がします^^
まぁ結果は明日。とても楽しみです。
皆さんの妄想はどうですか?お聞かせください^^

K-1 OFFICIAL WEB SITE
http://www.so-net.ne.jp/feg/k-1/top.htm
スポンサーサイト
別窓 | 格闘技 | コメント(7) | トラックバック(2) | ↑top
PRIDE2005男祭り「頂」-ITADAKI-試合結果予想
2005/12/27 16:43
PRIDE OFFICIAL WEBSITEでPRIDE2005男祭り「頂」-ITADAKI-のトトカルチョが行われているのですが、会員になって無いので投票出来ませんw
予想をブログにアップして一人楽しみます^^;
私の試合結果予想は以下の通りです。
ちなみに応援選手をひいき目でかなり見ています・・・予想と言うより願望かもw

■○桜庭 和志 VS 美濃輪 育久●
【桜庭:一本勝ち】
 桜庭がCBA仕込みの打撃でKOするかと思いきや、美濃輪の寝技に付き合う。
それでも経験の差で桜庭。フィニッシュホールド:腕挫十字固

■●エメリヤーエンコ・アレキサンダー VS パウエル・ナツラ○
【ナツラ:一本勝ち】
 単純にナツラ応援なので・・・寝技で極めてナツラの勝ち。
 判定も無理そうだし、一本勝ちしない限り勝ちは無さそうなので。
フィニッシュホールド:ネックロック

■○ジェームス・トンプソン VS ジャイアント・シルバ●
【トンプソン:一本勝ち】
 単純にタコ殴り。2桁秒でのKO。

■●ヴァンダレイ・シウバ VS ヒカルド・アローナ ○
【アローナ:判定勝ち】
 PRIDE GP悪夢の再現。ポジションコントロールによるアローナの判定勝ち。

■○エメリヤーエンコ・ヒョードル VS ズール●
【ヒョードル:一本勝ち】
 打撃の打ち合いから組み付きヒョードルの投げ。
 ガードポジションのズールに対し容赦無いパウンドによるKO!
フィニッシュホールド:氷の拳

■●ミルコ・クロコップ VS マーク・ハント○
【ハント:一本勝ち】
 ミルコ左ハイキックでダウンは奪うが、K1での対戦時の様にハントをKOするまでには至らない。
 オープンフィンガーグローブでのサモアンフックでKO!

■○吉田 秀彦 VS 小川 直也●
【吉田:判定勝ち】
 スタンドでの打撃では決定打にならず、組み合ってからの勝負となる。
 注目の吉田柔道衣に関しては、吉田が肉体美を見せ付ける事になる。
 寝技の技術に関しては体格の勝る小川が若干優勢。
 ただ総合の戦い方を実践した吉田がマストシステムにより判定勝ち。

■●近藤 有己 VS 中村 和裕○
【中村:一本勝ち】
 体格・技術に関しては中村優勢。一発を貰わない限り中村の勝ち。
 塩試合になれば余裕で中村の圧勝(判定)
 ただここは願いも込めて決められる相手には決めて貰おうって事で中村の一本勝ち。
 フィニッシュホールド:腕挫十字固

■○瀧本 誠 VS 菊田 早苗●
【瀧本:判定勝ち】
 打撃の勝負は無く、やはり組んでからの勝負。
 組んだ状態からの投げ・テイクダウンは金メダリスト瀧本の圧勝。
 ただ寝技に入ってからはお互い決める事が出来ず、常時上にいた瀧本の判定勝ち。

■○五味 隆典 VS 桜井“マッハ”速人●
【五味:一本勝ち】
 経験から裏打ちされた実力も五味の勢いは止められず、秒殺KO。
 強くなれたのは貴方が居たから!と五味はマッハに感謝する(爆)

■●ダン・ヘンダーソン VS ムリーロ・ブスタマンチ○
【ブスタマンチ:判定勝ち】
 下からでも決められるブスタマンチがどの体勢からも技を繰り出していく。
 ただダンヘンを決めるまでは至らない・・・がすごく好印象^^
 後半スタミナ切れで決着つかず。判定でブスタマンチ。

■●金子 賢 VS チャ-ルズ・“クレイジー・ホース”・ベネット○
【ベネット:一本勝ち】
 試合開始早々ロープワークを行い、イエローのベネット。
 金子は目を合わさない。仕方なく寝技に付き合うベネット。
 金子唯一の得意条件に持ち込むが、実は相手のバックボーンはレスリングであった為、寝技でも翻弄される。
 上になったベネットによるパウンドによるKO。

と、まぁ適当な事書いていますが^^;内容はともかく試合結果予想こんな感じかなぁ
柔道経験者同士の試合だと投げが出なくなるので寂しいですね。投げ大好きw
ナツラ選手と中村選手に期待ですかね^^
皆さんはどうでしょう?妄想をお聞かせください^^;

PRIDE OFFICIAL WEBSITE
http://www.prideofficial.com/
別窓 | 格闘技 | コメント(12) | トラックバック(2) | ↑top
Belinda Carlisle
2005/12/26 19:47
Belinda Carlisle


Belinda Carlisle(ベリンダ・カーライル)大好きです。
彼女はGO-GO'sのメインヴォーカリストとして1981年にデビュー。1986年にソロデビューだったかな・・・
GO!GO!7188が出て来た時は、GO-GO'sのコピーバンド?って一瞬思いました。
狙ってたのかな?GO!GO!7188はよく知りません。

■We Got The Beat
GO-GO'sはガールズ・バンドの元祖でプリプリもSHOW-YAもここから始まったのです。
と、私は断言する。(注:思い込みなんで他で語らないで下さい)
その中でもこの曲ですね。ビートが利いたバンクロック!バンドでやりたいw
とりあえず試聴してくださいね^^気持ち良くなりますよ・・・でも夏に合う曲かな?

We Got The Beatが収録されているアルバム


We Got The Beatは映画『初体験リッチモンドハイ』でも使われていましたね。
この映画は大好きなJJLが出演している映画ですので、また別の機会にでも^^;

■HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
一番有名な曲ですね。全米ヒットチャートNo.1を記録しています。
素敵な声にメロディアスな曲、時折GO-GO's時代を思わせるドスの効いた(何て表願すれば良いのでしょうかw)声がカッコいい^^
知らないって人も実は一度は聞いている可能性があると思う。
曲の出だし試聴しただけで思い出すのでは・・・
とにかく一度聞いたら忘れない。また今聞くと一発で80年代って分かる曲w

HEAVEN IS A PLACE ON EARTHが収録されているアルバム


現在、女性ボーカルバンドを組んでいまして、歌わせたい曲No.1です。
ギターバッキングにストリングス系キーボードと言う80年代世代には弾きやすく聞きやすい曲ですね。
ボーカルは育児休暇中ですが・・・^^;

両方の曲が収められています
別窓 | 音楽 | コメント(3) | トラックバック(0) | ↑top
Virtua Fighter シリーズ
2005/12/25 23:15
WOLF

私はVirtua Fighterシリーズの大ファンです^^
シリーズ通して使った金額は多分うん百万に・・orz
使用キャラは画像にある通りプロレスラー『ウルフ』に愛情を注いでおり、ジャイアントスイングに情熱を注いでおります。

■Virtua Fighter
シリーズ初期作、当時はポリゴンを使った格ゲーで技モーションに度肝を抜かれました。
ジャイアントスイングのコマンドが分る前は、カゲの弧延落が好きでカゲ使い^^;

初代鉄人のブンブン丸氏が「ブッ殺してやるから、かかって来い!」的な事をTVで言ってまして、「なにぃ返り討ちにしてやる!」と燃えました。
が、次に映し出されたプレイ映像に遠征中止を決意しまして・・・このプレイを見るまで下段投げって何時使うんだ!って思ってましたしw
「井の中の蛙」の記憶が懐かしいです。

もちろんSEGAサターンはこの為に購入しました(^^;

■Virtua Fighter2
60フレーム、ポリゴンにテクスチャーとその映像の美しさに失禁です。
舜の酔拳デモに陶酔しましたねぇ
屁コキ投げ、下Pブッコ抜き、ファジーガード、台湾ステップ、斜上しゃがみバックジャイアント等やり込みました。

2は肘PK前前Kのカゲに、2.1は無条件にアキラ・ラウに痛い目にw
ちなみに溜まり場ゲーセンの常連は強いと言われるキャラに移り癖多々あり。
その為、対策練習には困りませんでしたね^^

もちろんSEGAサターン版購入しました(^^;;

■Virtua Fighter3
ボタンが4ボタンになり、美しさも倍増です。
投げがP+Gボタンに統一もされました。

この頃までは、発売当初は技探索等の楽しみ方もありました。
今の様にまだ情報が何処でも手に入る時代では無かったからですね。
インターネットもまだまだ普及前でしたし・・・
私はニフティ会員でしたので技を知るのは早かったので、発売当初は新技、新連携で強かったですw
発売されてほんの少しの期間でしたがT_T

もちろんSEGA DCはこの為に購入しました(^^;;;

■Virtua Fighter4
ボタンが3つに戻り、カードの導入、キャラクターのドレスアップ等対戦以外の楽しみ方も出来るようになりました。鷹嵐使いが泣きました^^;
カードに対戦成績や取得したアイテムによりキャラクターのドレスアップまたリングネームの登録等により、同じキャラを使用してもある程度個性が出せる様になったのは今まで以上にキャラに思い入れが出来るようになりました。

ゲーム自体も受身が出来るようになり、ダウン後一旦仕切り直し感があったのが、そのまま流れを継続と言うよりスリリングな戦いが出来るようになり、対戦熱も更にヒートアップした様に思えます。
現行稼動しているFinal Tunedは、まだ対戦してます。ピーク時よりは大分減りましたが・・・

もちろんPS2はこの為に購入しました(^^;;;;

■Virtua Fighter5
まだリリースされてませんが、危険度MAXです。
私が密かに思う事は、投げ抜けモーションがキャラにより変わって欲しいですね。
パイや葵があんな風にジャイアント抜けられないだろw

Virtua Fighter4 Final Tuned 公式ウェブサイト
http://www.virtuafighter.jp/vf4ft/index.html

Virtua Fighter5 公式ウェブサイト
http://www.virtuafighter.jp/
別窓 | ゲーム | コメント(3) | トラックバック(1) | ↑top
K-1 PREMIUM 2005「Dynamite!!」対戦決定カード決定
2005/12/24 21:59
PRIDE男祭りと並ぶ一大イベントの対戦カードがほぼ決定しましたね。
残すはザ・プレデター選手を残すのみです。
録画して年明け早々に見る予定です^^

秋山選手負傷により急遽対戦カードの変更と魔裟斗選手の参戦が最近の話題でしょうか。

■ホイス・グレイシー VS 所 英男
秋山選手負傷により欠場残念です。
ホイス選手がナメてくれて道衣を着てくれれば、さらに面白い対戦になったのでは・・・
所選手相手では道衣を着用するでしょうね。
シンデレラストーリーの原点となったノゲイラ戦の様に、決まらなかったにせよ簡単に技をかけられてしまうと道衣で脱出できなくなるのでは・・・
なんにせよBIGチャンスなので、もう一回感動をください。お願いしますm(_ _)m

■魔裟斗 VS 大東旭
魔裟斗選手には去年のVS KID戦同様のベストファイトを見せてくれと言う要望が多々あると思います。
私の周りでもよく聞くのですが、私としてはK1ルールでは格が違うのにKID選手と互角のファイトをしてしまった事はまずいのでは?と思っています。
KID選手としては良い試合だったと思いますが・・・是非今年は王者の風格を見せてください。
大東選手はロー対策大丈夫なんでしょうか?

■須藤 元気 VS 山本“KID”徳郁
二大ヒーローの対戦とあって物凄く期待してます。ワクワクしますね^^
トーナメントで二人とも勝ち上がっていると言うのも説得力ありますね。
KID・須藤両選手のマイクパフォーマンスは、KID選手が天狗状態に聞こえるので須藤選手応援です。
リップサービスもあるのでしょうが^^;
技量としては両選手共トータルファイターとして素晴しいものがあると思いますが、一発はKID選手が上と思いますので、KID選手有利なのでしょうか?
神の子にトリックを魅せてください。

■対戦決定カード
魔裟斗 VS 大東 旭
ピーター・アーツ VS 大山 峻護
中尾 芳広 VS ヒース・ヒーリング
ホイス・グレイシー VS 所 英男
永田 克彦 VS レミギウス・モリカビュチス
ジェロム・レ・バンナ VS アラン・カラエフ
武蔵 VS ボブ・サップ
セーム・シュルト VS アーネスト・ホースト
曙 VS ボビー・オロゴン
須藤 元気 VS 山本“KID”徳郁
出場予定:ザ・プレデター

KO・一本の試合を楽しみにしています。
殆どのカードが判定になりそうな予感が・・・(^^;
まぁ判定でも熱く良い試合は多々ありますが。

K-1 OFFICIAL WEB SITE
http://www.so-net.ne.jp/feg/k-1/top.htm
別窓 | 格闘技 | コメント(7) | トラックバック(0) | ↑top
PRIDE2005男祭り「頂」-ITADAKI-対戦決定カード決定
2005/12/24 17:29
年末一大イベントPRIDE2005男祭り「頂」-ITADAKI-対戦決定カード決定が決定しましたね。
部屋に篭って暖かい年末が過ごせそうです(爆)

私の応援選手は「中村 和裕」選手です。
塩塩塩・・・と言われますが、私にとってはそれもまた面塩いです。
っか戦っているだけでドキドキします。
他の対戦カードで応援する方は、まず以下の法則に乗って応援が入ります。

1.日本人
2.柔道家
3.グラップラー
4.チャレンジャー
5.弱い方w

の為、「吉田 秀彦 VS 小川 直也」戦はどちらを応援するべきか・・・

■吉田 秀彦 VS 小川 直也
これ決まった時点から人生の選択を迫られた気分です。
でもこれからのPRIDEを考えると「吉田」に負けて欲しくないと結論出ました。
当日は100%吉田さん応援です。

勝敗予想ですが、まず柔道時代には吉田さんが勝っています。
勝っていると言っても判定でお互いポイントは無かったと思います。
体格で勝る小川さんがキッチリ仕留められなかったのが敗因で、積極的な吉田さんが勝ったと記憶してます。
が、オリンピックなら投げで効果が付いて小川さんが勝っていたような気がします。
↑思いっきり私的な意見です^^;

良く見かけるのが、打撃小川・寝技吉田と言う意見ですが、私にはどちらも小川さん有利と思います。
スタンドでの打撃ですが小川さんのがリーチもありパンチの撃ち方も旨いです。
吉田さんはハイキックを出した事がありますが、KO出来るとは思えません。
その前に当たるのか・・・

テイクダウンは柔道式いわゆる投げですが、お互いそう簡単には決まらないでしょう。
柔道家同士だと一番の柔道家の見せ場、投げが決まらなくなるのが寂しいですね。

寝技に関しても体格・手足の長さは断然小川さんが有利で、寝技の技術に関しては菊田 早苗選手が「レベルが違う」と言って小川最強伝説が始まったと記憶があります。
パウンドに関しても常用していたのは小川さんの方で、手が長いというのも大きいですよね。
う~む(-_-;

吉田さんは総合の戦い方でと言ってます。
もちろん経験値の差を見せつけてください。
お願いします・・・柔道着を脱いでください。


■対戦決定カード
桜庭 和志 VS 美濃輪 育久
エメリヤーエンコ・アレキサンダー VS パウエル・ナツラ
ジェームス・トンプソン VS ジャイアント・シルバ
金子 賢 VS チャ-ルズ・“クレイジー・ホース”・ベネット
ヴァンダレイ・シウバ VS ヒカルド・アローナ
エメリヤーエンコ・ヒョードル VS ズール
ミルコ・クロコップ VS マーク・ハント
吉田 秀彦 VS 小川 直也
近藤 有己 VS 中村 和裕
瀧本 誠 VS 菊田 早苗
五味 隆典 VS 桜井“マッハ”速人
ダン・ヘンダーソン VS ムリーロ・ブスタマンチ

まだ試合順が決定してませんので決定が待ち遠しいです。
ふぅ田村さんはまったくぅ・・・てな感じで^^;
勝敗予想はいつも勝つ確立よりも応援している方を選ぶ為当たりませんT_T
よく応援と逆を選んで、勝ったら勝ったで・・・負けたら予想が当たる
と言う観戦仲間が居るのですが・・・・
駄目だよ!そんな気持ちじゃぁ・・・ですよ

PRIDE OFFICIAL WEBSITE
http://www.prideofficial.com/
別窓 | 格闘技 | コメント(3) | トラックバック(1) | ↑top
布袋寅泰 25周年記念ベストアルバム
2005/12/23 23:45
布袋寅泰


布袋さんが25周年を記念してBOφWY・COMPLEX時代からソロを含めたベストアルバム『ALL TIME SUPER BEST』が発売されました。
25周年おめでとうございます。
なんと言ってもBOφWYの「BAD FEELING」や「BEAT SWEET」、COMPLEXの「BE MY BABY」のセルフカヴァーが聞けるのがなんともうれしい!

■BOφWYの「BAD FEELING」「BEAT SWEET」

「BAD FEELING」のイントロを聞いた瞬間、高校時代の記憶がゾゾゾッと!
軽快なカッティングは良く練習したなぁ
友人はダウンだけで弾けると豪語してましたが、それは無理だって^^;
と言うやり取りで徹夜したのも良い思い出です。
こう言う経験ある人はぜひとも聞いてくださいな。
「BEAT SWEET」の「チャーラカ タタ ジャッジャッ・・・」が懐かしい人も^^

■COMPLEXの「BE MY BABY」

今聴いてもインパクトがある曲ですね。再確認しました。
ただギターソロが終わった後は、アレンジまったく変わってましたね。
COMPLEXの時は、ボーカルの後を追うギターのフレーズがカッコ良かったんですがねぇ
フッ集中力切らすと4曲目が始まったかと思ってしまいました^^;
COMPLEXでは「恋をとめないで」をセルフカヴァーして欲しかったな・・・

■【収録曲】
1.BAD FEELING (25 YEARS ANNIVERSARY VERSION)
2.BE MY BABY (25 YEARS ANNIVERSARY VERSION)
3.さらば青春の光 (UNPLUGGED VERSION)
4.スリル (PUNKY VERSION)
5.BEAT SWEET (25 YEARS ANNIVERSARY VERSION)
6.バンビーナ (BAMBINA GO!GO! VERSION)
7.LONELY★WILD (ORCHESTRAL VERSION)
8.POISON (SEXY JAZZ VERSION)
9.SONG GOR US (25 YEARS ANNIVERSARY NEW SONG)
10.BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY (SAMURAI MIX)
11.RUSSIAN ROULETTE (ORIGINAL VERSION)
12.NOCTURNE No.9 (ORIGINAL SINGLE VERSION)
13.DESTINY ROSE (ORIGINAL VERSION)
14.LOVE JUNKIE (ORIGINAL VERSION)
15.IDENTITY (NEW MIX)

10曲目、映画『キル・ビル』のテーマ曲では「ヤッチマイナ」が聞けてテンション上がります。






 
別窓 | 音楽 | コメント(3) | トラックバック(0) | ↑top
映画『あらしのよるに』
2005/12/21 13:14
あらしのよるに


映画『あらしのよるに』を見てきました。
「友達なのに美味しそう」ってやつです^^

この映画はタイトル通り嵐の夜に真っ暗闇の山小屋の中で出会った
ヤギ『メイ』とオオカミ『ガブ』の友情物語なのですが、意外と内容は深いものがありました。
まぁ純粋にヤギとオオカミの話として見ても感動するようで小学生など大泣きしてました。

■メイとガブの友情
まずメイとガブは♂何ですが、男と女の話に見えてなりませんでした^^;
仲良くなった理由としては、嵐と真っ暗闇の恐怖の中、自分以外の者が居ると言う安心感と自分と似ていると言う事で共感していまい、特別に思えてしまったんですね。
実際の男と女の仲で親しくなる友人に似ている状況あった経験無いですか?
まぁこうなると男としては手を出せなくなるんですが・・・(^^;

■敵役
敵役の一番の親玉は、ガブが所属する群れのリーダー『ギロ』と言う
いかにも悪と言うルックスで最後までメイとガブを追い込みます。
ですが・・・私には群れと群れの仲間を守り、ガブに対しても良く面倒見てたのではと思います。
だって悪いのはガブの方だから・・・

■最後に
私のかみさんは「人種問題に・・・」と言ってました。
もともと原作の絵本頃から言われている通り、色々な状況に置き換えて見れるので老若男女問わず幅広く支持されてきたのではと思います。
考え方は人それぞれですが・・・

映画「あらしのよるに」オフィシャルサイト
http://arayoru.com/pc/index.html


別窓 | 映画 | コメント(3) | トラックバック(0) | ↑top
| だって好きなんだもん・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。